2007年07月07日

第8回まびたる演奏発表会レポート

事前にここで報告することが常になっていましたが、今回は…ごめんなさい。
リアルで急に忙しくなったことに加え、直前で体調を崩してしまいました。

なお、いつものように発表した曲のMMLと歌詞はこちらにアップしました。


今回は間が空いたにもかかわらず、かなり事前の準備が厳しい回でした。
原因はやはり多忙になったのが一番ですが、
実は本番直前にひどい風邪を引いてしまって、
最後に残った「ロンガ砂漠」の作詞から
本番出演まで、高熱にうなされながらこなしています…。
体調管理がなっとらんので、言い訳でしかないのですが。

8-01.JPG
もちろん、舞台上でそれを見せはしませんでしたが、
なんとなく、いつもよりトークの切れが悪かったかな?
もう少し面白いことも話せればよかったんですが、
演奏以外にリソースが割けませんでした。


いつもの演奏会では、他の発表者の作曲を手伝うことがあります。
今回もそうするはずでしたが、そんなわけでほとんど見られませんでした。

結果はあのとおり、心配することも無かったわけで。
皆の成長に深く安堵したのでした。

8-02.JPG

七たん:途中から一人でよう頑張った!サビでいい具合の和音が出てたよ!
ちゅーそんさん:あの長曲をあの質でまとめあげるんだからさすがです
チキさん:チキワールドが今までより広がった気がします。躍動感が出てた
ケフィンさん:フル回転感謝です。メロディが本物の中世っぽいのがノーブルの所以?
niccoさん:作曲で難しいテクを使っても嫌味にならないのがいいです
アルさん:華やかさがよく出ていて、多人数合奏らしい合奏でした
JUSさん:今回貴重なネタ成分。でも作譜自体も綺麗な作品。
Jたん:ふわーっとしてて、繊細で、優しくて、ミドリー節で、聴きながら安心。
かれんさん:文句なしにトリにふさわしい名曲でした。特に最後のが。


そういえば今回は、まびたるで最初に出た演奏会以来の
「トリじゃなかった」出番だったわけですが、
これはリハ中の話し合いによるもので、私自身の意向でもあります。
というのは、今回の私の発表が非常にやかましく終わるので、
さわやかな曲で締める、演奏会全体の方向にそぐわないからです。

かれんさんも今回は直前まで非常に忙しく、
作詞作曲が負担になってしまったようですが、
発表曲はその慌しさをまったく感じさせない、素晴らしい出来でした。
最後の歌詞が特に良かったですね。
心から自然に溢れてくる言葉を、そのまま形にしたものはやっぱり美しいです。

…その後体調を崩されたりはしていないようで、ほっとしてます。


8-03.JPG

私の発表曲について。

・「夏風」
これは楽団メンバー、ラヴィーンさんの作詞です。
久しぶりの合作になりました。他の方の詞に曲をつける試みは、
マビに来てからは初めてです。手間いらずですね。
素直な詞なので、曲も素直に。
途中文字数の都合でちょっとアレンジが薄くなってしまったのが
若干心残りではありますが、サビのまとめ方がうまくいったと思います。
特に終わり際は、ラヴィさんにもイメージ通りと言って頂いて、嬉しかったですね。

・「ロンガ砂漠」
イリアシリーズ第5弾。
ひねくれた詞なので、曲もややこしく。そのせいで、短いのに文字数は限界です。
フルコーラスを作るなら、もう少し作詞も練りこんで
ひとつの物語として読み聞かせられるような作品にしたいです。
「流沙の丘」以来のアラビア〜ンな曲ですが、
当初、イリアにある砂漠の名前を「ムユ砂漠」と勘違いして、
作曲が終わった後、作詞段階で気づいて修正したため、
楽譜には「ムユ」と書かれたままで演奏していましたorz

・「勇往邁進」
4人合奏→4人合奏→4人合奏→4人合奏の4連奏。
オリジナル1曲で楽譜16枚は、さすがにマビ史上最長ではないでしょうか…。
もうただの阿呆です

なお、タイトルは「ゆうおうまいしん」と読みます。
意味は「困難をものともしないで、ひたすら突き進むこと」。
RPGのラスボス曲をイメージしたのでこのタイトルですが、
結果的には発表そのものが「勇往邁進」だったなーと…。
何せ連奏ですから、演奏失敗してもそのまま突き進むしか選択肢がありません。
しかしここで本番クオリティ発動、
音程ずれは本当に最小限で済んでしまいました。
4連奏のうち3番目の最後の10秒と、4番目で最初の調に戻るところが
特に気に入っています。

もともとはこれ、合奏スキル登場で喜び勇んで書いたものです。
案外あのスキルは合わせにくいことが判明した今となっては、
こんな大規模な合奏連奏は無理だと判断したはずです。
既に書いてしまったので強行しましたが、
次回以降はきっとこんな無茶はしないでしょう。
それともう一つ、本番中の空気からして、
これを演奏し終わった後、前の2曲の印象が若干かすんでいました。
自分の曲に食われてしまっては本末転倒です。


今後は、もちろん次のまびたる演奏会に向けても作曲を進めていきますが、
久しぶりにフルに音源を用いた曲も書いていきたいですね。
やはりMMLのリメイクになりそうですが、やりたいネタはたくさんあります。
これまでのように多くの時間を割けない中でのことですので、
これまでよりも時間の使い方をうまくしていく必要があります。
そのあたりのリアルスキルというか、心構え+技術をつけていきたいところです。
posted by 太陽 at 13:57| Comment(4) | TrackBack(2) | 演奏会情報&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 |_・) じー
 |_・)つ[さいたまマビノギアリーナは更新されないと思っていた人(1/20)]
 |彡 ささっ

・・・えと、冗談です^^;
太陽さんも体調悪くって大変だったですね・・・。
なんか、前の2曲に比べるとたしかに3曲目はすごいインパクトでしたけど、
んーと、なんだろ・・・。
あの時のバックステージの緊張感と客席の興奮と、とにかくすごいエネルギーで本当に心が震えました。
ツキイルカノカクレガにも書きましたけど、本当に肌で感じる音楽だったと思います。

で、わたしの方は、じぇだいさんにも太陽さんにもほめられたから、ひとまずよかったよかった。
お客さまにも分るくらいにいっぱいいっぱいな人が最後あたりにいましたからー^^;
そのあたりどうにかするのが、わたしの一番の課題ですね・・・^^;;
とーいうことで、逃げー。
 |彡 ささっ
Posted by かれん at 2007年07月10日 00:07
そう思われるほど放置していたんだなあ…
もっと本格的なDTMブログを志向していたはずなので、
ちゃんと手を入れないといけないんですががが。

>いっぱいいっぱいをどうにか
そこは舞台慣れかもしれませんね。
私もあんな状態でしたが、舞台に立ったら人が変わるというか、強制的に人格を切り替える勢いです。
演奏会への出演も5回、6回となると、お客様からの期待を肌で感じるようになり、
新人の頃よりも緊張するのは仕方のないことだと思います。

>3曲目
もうあんな無茶は危険すぎて…と思うのですが、
かれんさんにそう仰られると、嬉しくなってまた無茶をしたくなってしまいます(ノ∀`)
Posted by 太陽 at 2007年07月12日 01:45
月は とも述べた 連イラク支援団 の情報 サンタが街にやってきた エンタテインメント と述べた ホームページ は観光客など計 リボン付カ
Posted by とも述べた at 2007年08月24日 01:16
戦略 犯罪の要因も指 スポーツ ジェナさんも として ビジネス クロスマイハート 野いちご 暮らし ハンバーグ
Posted by イスラミヤ at 2007年08月31日 12:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47014706

この記事へのトラックバック

第8回まびたる演奏会
Excerpt: 演奏会も終わってなんだか燃え尽き気味のかれんです。みなさま、脳髄ぐしゃー。 えーっと・・・ねたとして罰ゲーム続行中です^^; わたしの罰ゲームはともかく、今日は「第8回まびたる演奏会〜梅雨のなかや..
Weblog: ツキイルカノカクレガ
Tracked: 2007-07-10 00:10

マビノギ mml マビノギ
Excerpt: マビノギのMMLで…名はマビノギです。 だってこれ、服の色をかなり豊富に変えられるんですよ。つまり…ゲーム内にあんなキャラや、こんなキャラを作れる、と…(笑)。 髪型なんかもそれなりに豊富〜って感じで..
Weblog: マビノギ
Tracked: 2007-07-17 19:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。