2006年01月29日

財布ロスト→発見

※ これは解決済みの問題ですのでご心配なく。


この前の記事で色々買い物をしたことは話しましたが、
そのあと実は重大な問題が発生していたんです。

翌日、着替えて身支度をして…財布がない!

地元の駅でSuicaを出したところまでははっきりしているので、
落としたとすればその後。
あのでっかい音源を持って帰って、もう帰宅する頃は疲労困憊だったんです。
で、そこから先の記憶がないという。

しばらくの間財布なし(実際には適当な財布に最低限のものを入れて)。
そして今日(正確には土曜ですね)、やっと見つかりました。


2週間ぶりに違うコートを引っ張り出したらなんだか重い。
しかしポケットには財布は入っていない。これはもう何度も何度も確認した。

おかしいなあ、なんだろう…とにかく袖を通す。
左手の先に何かが当たる感触が。触ってみる。材質は…革。

わーーーーー。あったよ。よくわかんないけどとにかくよかった。


不思議なのはまず、なんで
「袖の中の途中」なんてとんでもなく半端な場所に財布が隠れていたのか。
探すために部屋中ひっくり返して、かつてないほどの大掃除になったのに
出てこなかったのだから、いかに想定外だったかという話。
あの記憶が飛んでる間に何が起こったのか。

それと、交番で落し物の書類を出した後に、
「家で見つかりました」と報告に行くのは非常に気まずいですね。
お騒がせ致しました、と言い終わるが早いか、
あーそうですかぐらいの勢いで流されて拍子抜け。
先に提出した書類を解決済み扱いにしなくていいのかと。
そのへんの確認とか一切なかったのですが、財布の落し物なんてそんなもんですかね?
posted by 太陽 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通のリアル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12424296

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。